どこログ

ガジェット(主にApple製品)とゲームが大好き!気になったものをレビュー

【レビュー】「12インチMacBook (2016)」はモバイルバッテリーで充電は出来る?バッテリー容量は5591mAh!

マシェリ(@Macherie_live)です。

 

先日MacBookを購入してから、約5時間ほど使用しました。 

macherie.hatenablog.com

MacBookを購入する上で最大の懸念だったキーボードは、今では「バタフライ構造」の虜と言っても過言ではないくらいはまっています。

これまでの「シザー構造」キーボードにはない、指先がキーに吸い付くような不思議な感触は文字を打っていてとても快感で、初めて文字を打つのが楽しいと感じました。指先を滑らせるようにキーが打てるので、長文を打っていても手がほとんど疲れないのもメリットです。

 

スポンサーリンク

 

バッテリーは公称通り10時間

 
 

 5時間ほど使用して電池残量が19%になりました。

f:id:Macherie:20160611015613p:plain

この間、主にSafariテキストエディットをメインで使用しています。このMacBookを初めて起動した時の電池残量が76%ほどでしたので、100%フルに充電していれば公称通り10時間使えそうです。

ちなみにバックライトは、中間よりちょっと上の明るさで作業しています。最大にした場合、目に見える速さで残量のパーセンテージが減っていきます。

出張や外出先での作業の強い味方?

 
 

 MacBookの魅力の一つとして、充電を普通のモバイルバッテリーで行える事です。「MacBook Pro」や「MacBook Air」を外出先で充電しようとした場合、HyperJuiceのような高出力のモバイルバッテリーが必要になります。これが結構高いんです。安いモデルでも2万円を超えます。これはなかなか手が出ないですよね。

でも「MacBook」の場合は、最低2.1A出力があるモバイルバッテリーなら充電が可能!おおよそ¥3,000程度で購入出来るので、これなら手も出しやすいです。

私はcheeroのモバイルバッテリーを持っていたので、早速試してみました。

スポンサーリンク

 

まず、USB-Cケーブルを用意します。「MacBook」にはUSB-C端子しか用意されてないですからね。私は持っていなかったので、microUSBケーブルをUSB-Cに変換するコネクタを購入しました。

f:id:Macherie:20160611030909j:plain

2個セットで¥600程度で購入可能です。出番が少なそうなUSB-Cケーブルを買うのはちょっと…と考える方や、microUSBケーブルを活用したいという方にはオススメです。

こちらが今回の実験で使用するモバイルバッテリーです。2年ほど前に購入したんですが外出先でiPhoneの電池が無くなった時に重宝しています。重さは258gあります。

f:id:Macherie:20160611031108j:plain

半信半疑でモバイルバッテリーを接続してみます。

f:id:Macherie:20160611031347j:plain

画面の表示を見てみると、電池マークが充電中に変わりました。

f:id:Macherie:20160611023140p:plain

まとめ

 
 

充電にかかる時間ですが、私が計測した限りでは下のような結果になりました。

  • 未使用時・・・約5分で1%回復
  • 使用時・・・・約15分で1%回復

システムリポートで確認するとMacBook 2016のバッテリー容量は5591mAhです。モバイルバッテリーは、だいたい10000mAh以上あるものがほとんどですので、約2回はフル充電出来そうですね。モバイルバッテリー1つあれば、外出先などコンセントがない所でも安心して作業が出来るので、持ち運ぶ機会が多い方には最高のMacかもしれませんね。