どこログ

ガジェット(主にApple製品)とゲームが大好き!気になったものをレビュー

「Jot Pro」はペン先が透明ディスクで先端が見えるから書きやすい!「Jot Pro」が急に認識しない?反応しないと思ったら対処すべき方法

マシェリ(@Macherie_live)です。

iPadを初めとしたタブレットをお使いの方は、たぶんタッチペンもお使いになられているかと思います。私は2年くらい前からAdonit社の「Jot Pro」を愛用しています。Jot Proの何が気に入ったかと言うと、ペン先が他のタッチペンとは異なるんです。

f:id:Macherie:20160603022044j:plain

「Jot Pro」はペン先が見える!

 
 

Jot Proはペン先が透明のディスクになっています。これによって、画面のどこをタッチしているのかがすごく良くわかるんですよね。今は似たようなタッチペンも多く出揃っていますが、当時はペン先が太いのばっかりだったので、とても重宝しました。

スポンサーリンク

 

f:id:Macherie:20160603022546j:plain

ペン先が見やすいので、文字が書きやすいんです。Jot Proのお値段は約2,000円ほどで購入可能です。

「Jot Pro」が認識しなくなった?

 
 

そんな重宝していたJot Proですが、ある日突然認識しなくなりました。それまで普通に使えていたのにタッチペンって壊れるの?iPadがおかしくなった?といろんな考察を貼り巡らせます。少し調べてみるとペン先の劣化(導電性が失われる?)で認識しなくなる事があるそうです。それまで何の前兆もなかっし、タッチペンが壊れるとは思ってもみなかったのでビックリしてしまいました。

「Jot Pro」のペン先を直す方法 その1

 
 

方法1はお金を掛けず、まず試しにトライしてみようという方法です。まずペン先を本体から取ります。ディスク部分を掴んで引き抜こうとすれば簡単に取れます。

f:id:Macherie:20160603024616j:plain

次に、ペン先のディスクと軸を分解し、ディスクのみの状態にします。そうしたら先ほど軸が接していた部分に黒鉛を塗ります。黒鉛は、鉛筆やシャーペンの芯を削って作る事が出来ます。なぜ黒鉛を塗るかというと接点を復活させる為です。

f:id:Macherie:20160603024739j:plain

黒鉛を塗り終えたら、再度ディスクに軸を付け、ペン先を本体に戻してください。これでうまく認識出来ればokです。症状が軽ければこの方法で治るみたいですよ。

スポンサーリンク

 

「Jot Pro」のペン先を直す方法 その2

 
 

1の方法で治らなかった場合は症状がかなり重いので、ディスクを交換するしかありません。ちなみに私は1の方法で直りませんでした。

ディスクは、adonit社から単品で販売されています。Amazonで約900円ほどでした。Amazonの紹介ページには「対応機種:Jot Touch 4」とありますが、Jotシリーズであれば問題ありません。

Jot Touch用ディスクを買ってみた

 
 

ディスクは3個セットです。それだけ交換する頻度が高いという事でしょうか。

f:id:Macherie:20160603025351j:plain

これまで使っていたディスクと、今回新しく買ったディスクを比較してみました。ディスクのサイズに違いはありません。ただ、これまで使っていた物は接点部分がシルバーですが、新しく買った物は銅っぽくなっています。改良が加えられているんでしょうか?

f:id:Macherie:20160603025830j:plain

軸自体は流用するのでディスク部分のみ交換します。交換後、早速試してみたところ全く認識されなかったタッチペンが、嘘のように認識するようになりました。実は、治るまでディスクの交換だけで治るものなのか半信半疑だったんですが、ちゃんと効果はありました!新しいタッチペンを買わなきゃいけないのかと思っていたので、直って良かったです。