どこログ

ガジェット(主にApple製品)とゲームが大好き!気になったものをレビュー

はてなブログをMac用エディタ「MarsEdit」で更新出来るように設定!方法と注意事項

マシェリ(@Macherie_live)です。

Macブロガー御用達のブログエディタMarsEditを導入しました!WordPressMarsEditの組み合わせで使用されている方が大多数かと思いますが、はてなブログでも利用可能でしたので紹介していきます。

MarsEditって何?

Macを利用しているブロガーさんなら、まずこのソフトが候補に挙がるというぐらい著名なブログエディタです。タグやリンク付け等、面倒なことは気にせずとにかく文字の入力に専念出来るところが魅力です。また編集画面と同時に、プレビュー画面も見られるので構成を随時確認出来る事も素晴らしいです!

スポンサードリンク

 

MarsEditは「はてなブログ」で利用出来る?

結論から言うと、問題なく使用出来ます。ただ少し注意しなければならない事があるので。それは後で記載します。

MarsEditの設定

初めに起動すると、メッセージが表示されます。このメッセージは「良かったらブログサービスを紹介するよ」的なメッセージなので、多くの方は「I already have a blog(ブログは持っている)」を選択すれば良いかと思います。

f:id:Macherie:20161122031939p:plain

 編集対象とするブログのトップURLと名前を入力します。ここで入力する名前はMarsEdit上で表示する為だけなので、ブログのタイトルと完全に一致する必要はないようです。

f:id:Macherie:20161122032038p:plain

はてなブログに投稿出来るように、次のように設定を変えます。

  • Blog Name     :ブログタイトル
  • Homepage URL  :ブログのトップURL
  • System Name     :Other
  • System API      :AtomPub API
  • API Endpoint URL    :(はてなブログのルートエンドポイントを確認)
  • Blog ID        :未入力

f:id:Macherie:20161122032116p:plain

API Endpoint URLは、はてなブログの「設定」→「詳細設定」のAtomPub欄から確認出来ます。

f:id:Macherie:20161122032557j:plain

「Download the **(数字) most recent posts on refresh.」では、MarsEdit上で最新から何件分の記事を読み込むかを設定出来ます。数字を大きくすれば過去の記事を多く取り込む事が出来ますが、注意書きにあるようにサーバへの負担が大きくなるので程々にした方が良さそうです。

スポンサードリンク

 

最後に、はてなブログにログイン出来るようにUserNamePasswordを入力します。ここで注意する内容として、UserNameは通常ログインする為のIDで良いのですが、PasswordAPIキーを入力する必要があります。(先ほどルートエンドポイントを確認した下に記載されています)

f:id:Macherie:20161122032651p:plain

これで準備完了です!

MarsEditをはてなブログで利用する際の注意点

現時点で下記2点に注意しなければならない事がわかりました。

  1. 過去記事をリライトしてMarsEdit上で上書きすると、投稿日が最新になる。
  2. MarsEdit上で写真を挿入すると記事の投稿がうまくいかない。

(1)の投稿日が変わってしまうのを回避するには編集はMarsEditで行い、リライトが完了したらはてなブログの編集画面にコピペすれば良さそうですが少々面倒です。

(2)は残念すぎるポイントです。どうせなら写真の挿入もMarsEditで行いたいですが、はてなの仕様上回避は不可なので写真ははてなブログの編集画面で挿入する必要があります。

まとめ

若干痒い所に手が届かない感じではありますが、MarsEditを使うと記事の作成が楽しく、そして楽になるのでかなりオススメですよ。