どこログ

ガジェット(主にApple製品)とゲームが大好き!気になったものをレビュー

【レビュー】「12インチMacBook(2016)」キーボードに慣れない?慣れる方法を紹介するよ!

マシェリ(@Macherie_live)です。

先日、MacBook Proの2016年モデルが発表されましたね。リーク情報通り、タッチバーやキーボードキーが、MacBookと同じバタフライ構造になった事が今回の大きな変更点です。

Macのキーボードはこちらの記事で紹介しています。

macherie.hatenablog.com

MacBookが発表された時からバタフライ構造のキーボードには賛否両論がありましたが、主力のProにも採用されたという事はバタフライ構造ではないMacノートはもう出ないのでしょう。

スポンサーリンク

 

「MacBook Pro 2016」のキーは第2世代!

 
 

MacBook Pro 2016のキーボードはMacBookのキーボードの改良版で、同じバタフライ構造キーボードと言えど違いはあります。なので、MacBookのキーボードのイメージが強く、その時の違和感から嫌厭しているのであればもう1度触ってみると今度は大丈夫かもしれません!

ちなみに第2世代のバタフライ構造にはスプリングが追加されており、MacBookのペチペチとした打鍵感よりキータッチを得られるようになっています。

今度もMacを使っていくなら慣れちゃえ!

 
 

Windowsと違い、MacはAppleからしか販売されません!メーカがバタフライ構造のキーボードを推奨するのであれば、使い手側も慣れていくしかないでしょう。この考えにも賛否両論あるかと思いますが、人間はどんな事でも慣れるものです。

それまで使っていたものが無くなって代わりのものが用意された時、最初は当然違和感を覚えますが、時期に慣れてしまうものでしょう。

スポンサーリンク

 

逆転の発想!更にキータッチに違和感をプラスする?

 
 

私はMacBookにキーボードカバーを付けています。

f:id:Macherie:20161105170703j:plain

キードードカバーを付けている理由は主にキーに手脂がつかないようにする為。しばらく使っているとキーがテカテカして見栄えが悪くなるのを避けたかったんです。でもテカテカもアルコールでさっと拭けば綺麗に落ちる事がわかりました。

MacBookにオススメなアクセサリはこちらの記事で紹介しています。

macherie.hatenablog.com

そういう事であればキーボードカバーは外しちゃっても良いかなと、外してみました!カバーは糊ではなく静電気で付いているだけなので綺麗に取れます。また何度でも装着可能です。

f:id:Macherie:20161105170730j:plain

そしてカバーを外した後、しばらく作業しているとある事に気付きます。

打ちやすい!

キーにクリック感があり、滑らかに打てる!

キーボードカバーを付けた時はタッチに差はないと感じたのすが、約半年間使用してから再度比べてみると雲泥の差がありました。

キーボードカバーはウェイトと一緒?

 
 

MacBook Pro 2016が欲しいけど、キーボードは慣れそうにない…と悲観的な方は、まずキーボードカバーを付けてしばらく使ってみると如何でしょう。トレーニングをする際にウェイトを付けて、体に負担を与えるのと一緒ですね。

数ヶ月後、私のようにカバーを外してみると、バタフライ構造のキーボードが打ちやすくて仕方なくなっているかもしれませんよ!