読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェット女子によるどこログ

ガジェットが大好きな女子、マシェリが主に電子機器をレビューするブログです。「ガジェット女子」とは…電子機器に強い女子の事です。

Apple Payって何?Apple Watchで支払い?早速登録して試してみました

マシェリ(@Macherie_live)です。

2016年10月25日から、日本でも「Apple Pay」が使えるようになりました。これはAppleが展開する電子マネーで、日本で電子マネーというとSuicaが有名です。Apple Payが利用出来る事になった事で、日本ではSuica / iD / Quick Payの利用が出来るようになったのは便利です。

「Wallet」というアプリで電子マネーを管理します。現在電子マネーが使えるのは、「iPhone 7」「 iPhone 7 Plus」「Apple Watch Series 2」の3機種のみです。

 

スポンサーリンク

 

アプリ「Wallet」にカード情報を登録!

まずは「Wallet」というアプリに普段使っているクレジットカード(又はSuica)を登録します。「wallet」アプリはiOSを最新にしていればデフォルトで入っているアプリです。今回のように「Apple Watch」で電子マネーを使う場合も、まずはiPhone側で設定を行います。 

「wallet」アプリを起動し、カードを追加を選択します。今回はクレジットカードを登録しますが、Suicaカードのデータを取り込む際もここから行います。ちなみにSuicaカードの場合は、iPhoneにデータを移した時点でカードの方は使えなくなるのでご注意ください。

f:id:Macherie:20161029121642j:plain

クレジットカードを登録します。カードの情報を手打ちで入力する事も可能ですが、画面の白枠内にカードを写すと、自動的にカード番号を読み取ってくれます。読み込んだ瞬間に数字が画面に浮かび上がってきて、ちょっとかっこいい感じがしました。

f:id:Macherie:20161029122637j:plain

「名前」と「セキュリティコード(カード裏面に記載されている3桁の番号)」は読み取ってくれなかったので、手入力する必要があります。私が普段使用しているのはイオンカードと楽天カードなので、この2種類のクレジットカードを今回登録してみました。

f:id:Macherie:20161029122447j:plain

イオンカードは「iD」、楽天カードは「Quick Pay」が使えるお店で使用出来るようです。iPhone 7 / iPhone 7 Plusで使用する場合はこれで完了です!私はApple Watchで使ってみたかったので、次にApple Watchにこの情報を登録します。

Apple Watchで情報を移す

iPhoneで「Watch」アプリを起動し、「WalletとApple Pay」を選択します。iPhoneに登録してあるカード一覧が表示されるので、Apple Watchで使用したいカードを追加します。もちろん複数も可能です。

f:id:Macherie:20161029123440j:plain

Apple Watchの画面を見ると、iPhoneに登録した2種類のカードが登録されました!使用する時は、使用したい方のカードの画をタッチすればokです。

f:id:Macherie:20161029124258j:plain

スポンサーリンク

 

Apple Watchを使って支払い

せっかく登録してみたので使ってみます。今回はちょうど車のガソリンが減ってきていたので、ガソリンの支払いにQuick Payで!

f:id:Macherie:20161029125120j:plain

使用するには給油機の読み取り部分にApple Watch(又はiPhone)をかざすだけ!読み取りが成功すると、Apple Watchの場合はブルッと振動します。少し恐る恐るの利用でしたが、すんなりと使う事が出来ました。

f:id:Macherie:20161029125139j:plain

Apple Payを使用した所感

ただ単にクレジットカードで支払っているのと一緒ですが、見た目は時計のApple Watchで支払うと、特別な方法で支払いをしているようでウキウキしちゃいますね。私はロードバイクにも乗るんですが、乗る時はお金とか荷物になるものを極力減らしたい…でも途中で飲み物を補給したい!って状況になるので、これは便利に使えそうです!