どこログ

ガジェット(主にApple製品)とゲームが大好き!気になったものをレビュー

北星鉛筆「大人の鉛筆」を購入したので感想!大人になってから使う鉛筆も良いものですよ!

こんにちは、マシェリです。

皆さんが鉛筆を最後に握ったのはいつですか?

思い出してみると、私は小学生が最後のようです…。私は細い筆跡が好きだったので、使っていくうちに線が太くなっていく鉛筆は少し嫌いでした。もう休み時間になるとすぐ鉛筆を削ったり。
また私の通っていた小学校では「シャーペン禁止」の校則があり、鉛筆使用が義務付けられていましたが、高学年ともなるとその校則を破りシャーペンを使い出す人もちらほら…。私はそれをうらやましく見ていた記憶があります。

中学校からはシャーペンが解禁され、それ以降鉛筆に触る機会は全くといってなかったのですが、大人になってふと記憶が呼び起こされるんでしょうか。子供の頃使っていたものが無性に触れたくなってきます。

でも、ただ鉛筆を買うのも芸が無いな、と思っていた矢先に見つけたのがこちらです!

 

北星鉛筆「大人の鉛筆」を手に入れてみる!

f:id:Macherie:20151004231808j:plain

 

まず感動したのが木の香りです!昔毎日のように嗅いでいた匂いが部屋中に広がりました。もうそれだけで懐かしく、当時のことを思い出してしまいました。

スポンサードリンク

 

 

見た目はシャープペンシルだけど鉛筆!

基本的な構造はシャーペンと同じです (・∀・)
ノック部分を1回押すと、芯が0.5mm程出てきます!その太さにびっくり、なんと直径2mmあるそうです。ほぼ普通の鉛筆と同じですね。f:id:Macherie:20151004233520j:plain

 

スポンサードリンク

 

専用の鉛筆削り器を使って芯を削る

当然このまま使うと線が太すぎるので、同梱されている芯削り器で芯を削ります。

説明書にある「ノック部分をつまんで左右に回す」の言葉通りやってみますが…

f:id:Macherie:20151004233934j:plain

 

一向にガリガリと芯を削る音はせず、3分ほど回しても尖った形状に削れませんでした。この削り器不良品なんじゃない?と思ったほどですw

f:id:Macherie:20151004234138j:plain

 

「ノック部分をつまんで左右に回す」の言葉に意識が行き過ぎてしまいましたが、要は鉛筆を握る部分を持って回せばいいんです。ひたすらノック部分を回していた私は読解力が足りないのかもしれません。

無事、尖った形状になりました!

f:id:Macherie:20151004234331j:plain

 

書き味は鉛筆そのもの!

早速、書き味を試してみました。字が下手なのは置いておいて…書き味は鉛筆そのもの!当時の記憶が蘇ります。紙と接した時の感触はシャーペンのように固くなく、まるでバネが入っているかのような柔らかさで、字をスラスラ書くことが出来ます。
昔はなんとも思わなかったんですが、鉛筆の良さを改めて実感しました (*´ω`*)

f:id:Macherie:20151004234648j:plain

 

今の時代、芯の濃さはBが標準?

それにしても、なんか黒が濃いと思ったら最初に入っている芯はBなんですね。私の子供の頃は「HB」が主流でした。ましてや私の場合、薄い色が好きだったので「4H」なんて使ってた頃もあります。
鉛筆は「HB」が普通と思っていた私、何故 「B」なのかと調べてみたら、今の小学校では入学時に「2BもしくはB」と指定する学校が増えているとの事です!その背景に、芯が折れた時に危なくない…という理由もあるみたいですが、1番の理由が子供の筆圧が落ちているから…だそうです!
スマホみたいに何でもタッチするだけで操作出来る時代…その弊害として、今の子供達は物を握る力というのが衰えているみたいなんですね。世の中便利になる事は良い事です!
ですが、人が退化する事を助長しているとしたら、私は素直に喜べません…。きっとその先には、ドラえもんの映画「ブリキの迷宮」のような世界が待っているでしょうから…。