ガジェット女子によるどこログ

ガジェットが大好きな女子、マシェリが主に電子機器をレビューするブログです。「ガジェット女子」とは…電子機器に強い女子の事です。

Macを使ってiPhoneをキャプチャ!「QuickTimePlayer」を使用したレビューや感想

今や、携帯ユーザの約6割がiPhoneを使用しているそうです。(日本国内)

もうすっかり国民機ですねー😊

 

そんな私は、iPhone4から使っています。2010年に発売しましたから、もう5年も前の事なんですね(・_・;)

 

それまではガラケーでしたから、パソコンのようにネットが見れて音楽も聞けてアプリも出来て、画面も大きくてタッチパネルでと、夢のような端末でした。確か予約して1ヶ月ほど入荷を待った記憶も。。。

 

そんなiPhoneの画面をパソコンに取り込みたいと思った事はありませんか?私はゲームアプリの映像を取り込みたいと何度か思った事があります。

 

これまで、有料アプリを使ってwifiでMacに映像データを送るという方法がありましたが、その有料アプリの値段が1,000円ほど掛かっていました。

 

でも実は、MacOSがYosemiteにバージョンアップした時に、iPhoneの映像を取り込めるようになっていたんです!私は最近この方法を知りました。その方法を紹介したいと思います。とっても簡単です。

 

※この方法が使えるのは、Lightningケーブル対応のiPhone/iPadのみです。

 

(1)MacとiPhone(またはiPad)をLightningケーブルで繋ぎます。

f:id:Macherie:20150702003500j:plain

 

(2)Dockから"Launchpad"を選択し、"その他"から"QuickTimePlayer"を起動します。  

f:id:Macherie:20150702003718j:plain

 

(3)Dockに"QuickTimePlayer"のアイコンが表示されたら、右クリックをして『新規ムービー収録』を選択します。

f:id:Macherie:20150702004013j:plain

 

(4)録画ボタンの右隣にある『∨』をクリックし、"カメラ"、"マイク"の2項目を、iPhoneに切り替えます。(デフォルトではMacのカメラが起動する設定になっています。)

f:id:Macherie:20150702004359j:plain

 

設定としては以上です!ここまで設定すると、Mac上にiPhoneの画面が表示されます。

f:id:Macherie:20150702004853j:plain

 

あとは先程あった"録画ボタン"をクリックすればキャプチャがスタートします。ちなみにiPhoneを横向きにすると、自動的にMac上の画面も横画面に変わります。

f:id:Macherie:20150702005024j:plain

 

とっても便利な機能だと思いますので、興味ある方は是非お試しくださいー (*´ω`*)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村